大腸がんには注意が必要【ケンケン健康安心生活のために】

腹痛

肝臓周辺の病気

病院

胆のうがんは他のがんと比べると比較的発症率の少ないガンですが、食生活の乱れから胆のうがんになってしまう可能性があります。今からでも自分の食生活を見直して、改善していきましょう。

進行性胃癌

医者

胃がんが肝臓や腹膜での転移がんとして見つかることがあります。これら転移がんの診断は、コンピューター断層撮影法や腹腔鏡検査によっておこなわれます。治療には化学療法としてフッ化ピリミジン系薬剤とプラチナ系薬剤などが組み合わせて用いられます。

定期的な健診を受けよう

近年増加傾向にある大腸がんの症状について知っておきましょう。少しでもおかしいなと思ったら病院に通うことが大切です。

日常生活に復帰できるスピードが早いことで有名です。鼠径ヘルニアの手術のことなら、担当医の顔が分かるこちらのサイトから情報収集しましょう。

増加傾向にある病気

女性

大腸がんは近年日本の発症率は増加傾向にあります。増加の決定的な理由は解明されていませんが食の欧米化や平均寿命が伸びてきている事など色々と考えられています。大腸がんのがんができる場所によって名前が異なり便の出口に近い部分にできた場合直腸がんと言われ、小腸から直腸の手前あたりまでにできた場合は結腸がんと呼ばれます。大腸がんは早期発見であれば100%治ると言われているがんですが早期の症状はほとんどない為早期発見が難しい病気です。大腸がんは年齢が上がるにつれて発症率が高くなってきますので30代からは注意をして40代からは定期的に検査をすることをおすすめします。定期検査の方法は簡単で検便によって血液が混ざっていないかどうかの検査で身体の負担もありません。

自覚症状を見逃さない為に

大腸がんの早期では中々症状が現れないとされていますが自覚症状としては便が細くなったり腹痛がある、下痢が続く、便に血が混ざっている、便を出したのにすっきりしない、便意をもよおしているのに中々出ないなどの症状です。癌細胞からの出血によって貧血がおきたり腸の中のがん細胞が大きくなっている為に便が中々排出されず嘔吐を感じたりする場合もあります。少しでも異常を感じたら病院げ受診し、先生に相談するのがおすすめです。また定期的な健診も受けるようにしましょう。大腸がんとなってしまった場合は治療方法ができた場所やどのくらい進行しているかによって治療方法は異なり内視鏡によって治療する場合、腹部切開による手術療法、手術が困難な場所の場合などの抗がん剤による化学療法があります。

睡眠時無呼吸症候群は血管系統に負担をかけるので重大な病気に繋がることがあります。その病気を予防するためにもこちらで診てもらいましょう。

自宅で診察、治療を受けることが可能となった世田谷区の在宅医療が需要を高めています。家族の健康生活の為に利用を始めませんか?

専門的な知識を持っている人にならないと治すことが難しい聴神経腫瘍のトラブルはこちらに相談しましょう。

肛門周辺に発生するがん

腹痛

直腸に出来る悪性腫瘍を直腸がんと言います。肛門近くに発生するため、肛門の病気と区別する必要があります。直腸がんが増加している背景には、検査の進歩や検便の普及、更には食生活の欧米化や肉食の増加も挙げられます。