記事リスト

必須ではないが有利に

コスメ

取得するメリットと特徴

メイク関係の仕事に就くには、資格が必須というわけではありません。基本的にメイクの仕事に資格は必要なく、現役のメイクアップアーティストなども資格などは持たずに仕事をしていることが多いものです。ですが民間の団体からでている資格はいくつかの種類があり、持っていると就職や転職に有利になることもあります。代表的なものに、国際的な団体が主催するものと、国内の団体が主催するものの二つがあります。それぞれ上級では筆記と実技の両方が必要なことが多く、より実践的な知識と技術を身につけることを目的としています。自分の能力をはかる目安にもなりますし、基礎的なことを学ぶ機会にもなるので、受験してみるのもよいでしょう。また、メイクの仕事はヘアメイクと呼ばれることもあり、美容師資格があると有利ということも往々にしてあります。実務上も、しっかりとしたヘアセットをするのならばやはり美容師資格を持っていた方が役立ちます。メイクだけでなく、幅広く美容の世界で活躍したいということならば、美容師資格もとれる美容の専門学校に行くのがおすすめです。美容師資格はつぶしがきくので、もっておいて損はありません。美しさはメイク単体で決まるのではなく、ヘアセットやファッションも含めてトータルで決まるものなので、そういった意味でもおすすめです。学校選びをする際は、きちんとした設備が整っているか、卒業生の進路はどのようなものかなどを考えて選ぶとよいでしょう。